주요 기사 바로가기

「LEDのメッカ」を夢見て/光州

2008.08.27 11:14
0
すでに光産業クラスタとしての条件を揃えている「光の都市」こと光州(クァンジュ)はLED(発光ダイオード)産業の中心地を誇っている。

昨年末、光州光産業団地のそばにはおよそ30平方メートルにのぼる敷地の「LEDバレー」が新しく造成された。今年に入って56社が工場を稼働させたり新しく建設したりしている。

同市は来月中に「LED照明都市」条例を制定する方針だ。来年10月にはLEDを含む光産業を素材とした「光州世界光エキスポ」を開催し、光の未来像を提示する計画だ。主要公共機関の室内・室外の照明は5年以内にすべてLEDに取り替える。ホテルやデパートなどといった民間部門も実験区域指定などを通じて参加を誘導する。また蛍光灯、白熱電球に代わる国民補給型のLED照明灯の開発と商用化を支援する。政府も2012年までLED産業の研究開発と基盤づくりに4000億ウォン(約400億円)を投入し、新しい成長動力の産業として集中的に育成するという方針を決めていて、光州市の戦略産業育成の見通しが明るくなっている。

朴光泰(パク・クァンテ)光州市長は「光州はLED産業の育成に向けた最適の基盤を構築している」とし「2012年までの5年間で3000億ウォンを投資し、光州を“LEDのメッカ”にしたい」と話している。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP