주요 기사 바로가기

【噴水台】中国方式の五輪

2008.08.14 14:56
0

 北京の都心を東西に貫通する道路がある。過去の唐の首都だった長安の名前にちなんで長安大街という。 この道路は妙な特色がある。 立体交差路がほとんどなく、脇道に抜けるのが難しい。 道路脇に車を止めることもできない。 路地に入ってこそ車を止めることができる。 時々ここを中国指導者や外国貴賓が通る。 1-2車線を閉鎖するのは茶飯事だ。 指導者らが通るよう配慮しているのだ。

市民の不満は考慮の対象ではない。 政治的な象徴である天安門と指導者が集まって暮らす中南海の円滑な交通のためには、他のものは犠牲してもかまわないという意識が見える。 明確な目標の下に行われる一糸不乱の統制。 長安大街が見せている最も大きな特色だ。

北京五輪はこのように行われている。 五輪のためにすべてのものが動員される。 北京という都市はわずか1年前の姿と比べても大きく変わっている。 市の東側にある亮馬河という河川は汚い水がいつも溜まっていた。 臭いも深刻で、この河川のそばを通行するのを避けるほどだった。 しかし五輪がこの河川の姿も変えた。 きれいな水が流れ、水草が育つ生態的環境が整った場所に変わった。 2001年に五輪開催権を獲得して以来、中国が一日平均2億元(約30億円)を注いだ結果の一つだ。

開幕式で演出された90カ国の首脳の姿もおもしろい。 9人の中国共産党政治局常務委員は正装しながらも涼しそうな姿で開幕式を観覧した。 これに対し、常務委員らの後ろで窮屈そうに座っていた外国首脳は、うちわを扇ぎながら暑さをしのがなければならなかった。 やや激しい表現をする人々は「過去の中国の皇帝に外国の首脳が朝貢をする姿として映る」と話している。

すべてのことが中国式だ。 ある目的のためならすべてのものを防いで統制する長安大街の思考方式、五輪のために莫大な資金を注ぎ込みながら市の外観を変えてしまった行政方式は同一のものだ。 東洋文明の代表という意識の下、外国首脳を開幕式に呼んで片隅にかためて座らせる自信も、今後、われわれがずっと見守っていかなければならない中国方式だ。

チャイナスタンダード、すなわち中国式の標準であり方式だ。 こうして行われる北京五輪の成否はもっと見守らなければならないようだ。 亮馬河の水がずっときれいなままか、長安大街に込められた統制性がどのように民心をなだめるかを見てこそ、この五輪が成功したかどうかが分かるだろう。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【噴水台】中国方式の五輪

    2008.08.14 14:56
    뉴스 메뉴 보기
    TOP