주요 기사 바로가기

【噴水台】神弓

2008.08.12 14:32
0



「あ、サミックだ…」。オリンピック(五輪)アーチェリー競技で、よく見る商標の矢に驚いた人は少なくない。 外国チームも‘SAMICK’が大勢だった。 伝統的な強豪である米国のホイット社をサミックスポーツが猛追撃している。 同社はもともとピアノ部品を供給していたが、1990年に運命が変わった。 サミックピアノが厳しくなり、矢事業部を引き受けた。 サミック製品の秘密は矢の翼に隠されている。 エポキシ樹脂に先端炭素繊維を混ぜ、弦を10万回引いても同じ弾性を維持する。 ‘注文生産’も成功の秘訣の一つ。 選手の特徴によって職員12人が一つひとつ手作業で矢を作る。 神弓を手に入れた韓国チームの後を追って、今では世界最高選手の半分以上がサミックの矢を使っている。

世界パラグライディング大会では‘ハフェ仮面’など韓国の伝統デザインが空を縫う。 職員30余人の‘ジン・グライダー’(京畿道竜仁)が制作している。 パラグライダーの核心は安全性と速度を左右する翼。 同社は抵抗を減らして風の力を極大化するため、薄い布7枚を重ねて丁寧に縫う。 絶対に譲歩しないのが技術だ。 突風の中で翼の復元力を試験したパイロットを失ってまで得た技術。 パラグライダーの価格は300万-500万ウォン(約30-50万円)だ。 同社は割引を求める業者とは絶対に取引しない。 6年連続で世界選手権大会を席巻し、30%の世界シェアで7年連続の1位を占めてきたという自負心が強い。

「手に汗が出れば滑る」。米NBAの新しい公認ボールであるスポルディング製品に対するシャキール・オニールの不平だ。 それまでの20年間、公認ボールは韓国スタースポーツのバスケットボールだった。 1965年にソウル弥阿里(ミアドリ)で出発したみすぼらしい業者が世界市場を長い間かき回してきた。 バスケットボールの中に数万本の糸を巻き、外皮を接着する技術が卓越していた。 最近のNBAの公認ボール変更は政治的な判断からだ。 牛皮の外皮の代わりに合成ゴムを使えという動物保護団体を意識したのだ。 しかしプロ選手とバスケットボールファンはスタースポーツのバスケットボールへのこだわりを隠さない。 NBAは以前もそうだった。 6カ月後に公認ボールの変更を白紙に戻し、またスタースポーツのボールを使ったことがある。

今年1月、韓国代表チームがボブスレーを借りてアメリカンカップで銅メダルを獲得し、悲しみと感動を与えた。 それだけ専門スポーツ用品市場の障壁は高い。 先端技術はもちろん、職人精神がなければ作れない。 このためテレビ画面に映った韓国中小企業の国産矢を見ると、もっとうれしくなる。 参考に、世界レジャースポーツ用品市場の規模は200兆ウォン(約20兆円)を超えている。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【噴水台】神弓

    2008.08.12 14:32
    뉴스 메뉴 보기
    TOP