주요 기사 바로가기

【噴水台】五輪の数秘学

2008.08.11 14:19
0



西洋人が7を幸運の数字と感じるのは旧約聖書と関係がある。 造物主が6日間で天地を創造し、7日目に安息を得たという記録から、7が完成と祝福の意味を持つことになった、ということだ。 ‘ラッキーセブン’という表現は、1885年、大リーグでシカゴ・ホワイトストッキングスの7回の攻撃時、外野フライ性の打球がタイミングよく吹いた強風に乗って本塁打になったのをきっかけに広まった。

13を不吉な数字として信じるのも、聖書に由来を見いだしたりする。 後にイエスを裏切るユダが最後の晩餐で13番目の席に座ったということだ。 フランクリン・ルーズベルト元米大統領は、会議出席者が自分を含めて13人になる場合、出席資格がない秘書までも会議場に呼んだりした。 1970年4月11日13時13分に打ち上げられたアポロ13号が不意の故障で月面着陸任務に失敗した際、人々は数字13の呪いを思い浮かべた。 しかし人命の損失なく乗務員が無事に地球帰還に成功したのは、むしろ幸運の女神が微笑んでくれた結果だった。

西洋のエレベーターに13階がないように、東洋には4階がない場合が多い。 韓国、中国、日本で数字の4は‘サ’‘ス’‘シ’とそれぞれ読み方が異なるが、‘死’の音と一致するのは共通している。 それで韓国・中国・日本の病室には4号室がない。 このように数字ひとつに幸と不幸を結びつけて人間の所望を依託する慣習は東西古今で共通している。 数秘学(numerology)といって、こうした慣習の中に含まれた文化的記号を読む研究分野もある。

格別なのは中国人の8に対する執着だ。 ‘八’が運勢の勃興を意味する‘発’と音が似ていて、声調が同じだからというのが多数説だ。 「お金をたくさん儲けてください」という意味の新年のあいさつ(恭禧発財)に見られるように、‘発’と似た‘八’は財物をもたらすと信じている。 8の数字が重なるナンバープレートをつけようと車の価格の10倍も支払ったり、毎年8月8日になれば一人に制限された子どもの誕生日を吉日にしようと帝王切開の手術が盛んに行われたりする国が中国だ。

2008年8月8日午後8時、北京五輪が開幕した。 張芸謀(チャン・イーモウ)監督が演出した開幕式行事は、鳥肌が立つほど中華文明に対する自負とこれを世界に誇示する内容で一貫していた。 八には、下にいくほど広くなる字の形のように、勢力がパッと広がるという意味もある。 13億人の中国人が数字8に込めて祈願したのは、単なる経済飛躍を意味する‘発財’だけでなかったはずだ。

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    【噴水台】五輪の数秘学

    2008.08.11 14:19
    뉴스 메뉴 보기
    TOP