주요 기사 바로가기

李鍾祥氏の独島絵画展が中止/日本、東京

2008.07.31 11:58
0

 大韓民国芸術院の会員で、ソウル大名誉教授の李鍾祥(イ・ジョンサン、70)氏の独島(トクト、日本名・竹島)の絵の日本展示計画が急遽、取り止めになった。

李画伯は「東京で開催される‘アジアトップギャラリーホテルアートフェア’に独島に関する絵画10点を出品する予定だったが、主催者が“独島以外の絵を展示してほしい”と要求してきた」とし「私は主催者側の趣向に合わせるような作家ではないので、この要求を断り、出品自体をあきらめた」と30日、明らかにした。李画伯は「純粋な美術作品を政治問題とつなげて考えるとは、芸術界ではありえないこと」だと主催者を批判した。

李画伯は1977年から30年以上、独島の絵を継続して描いてきた。「独島文化定着運動」の本部長も務めている。

アジアトップギャラリーアートフェアは韓日中の3カ国ギャラリーが参加し、今年から初めて開催される大規模アートフェアだ。東京のホテルニューオータニの客室を展示空間として活用し、来月29~31日に開催される。展示関係者によると李画伯の描いた独島の絵が、この展示会に出品されることが発表されるや、日本の右翼団体から開催場所のホテルニューオータニに脅迫電話がかかってきていた。

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    李鍾祥氏の独島絵画展が中止/日本、東京

    2008.07.31 11:58
    뉴스 메뉴 보기
    TOP