주요 기사 바로가기

米国「独島、韓国と日本が解決すべき問題」

2008.07.30 09:07
0
米国政府が独島(トクト、日本名・竹島)問題に対して中立の立場を改めて強調した。

国務省の副報道官は28日(現地時間)、定例ブリーフィングで「米国は数十年間、独島の主権に対する立場を表明しなかった」とし「この問題は日本と韓国が平和的に解決しなければならない問題だ」と話した。

しかし「時期的に適切でなかった点は認め、どのような措置が可能なのか考えてみる」と明らかにしたという。

米国家安全保障会議(NSC)の関係者も駐米大使館当局者に会い「地名委員会が独島の領有権表記を変更したことは、専門家らが政治的な意味合いなしで下した決定だ」と、29日伝えた。

一方、サイバー外交団のバンク(VANK)によると、2002年に米中央情報局(CIA)で独島をリアンクール岩礁(Liancourt Rocks)と初めて表記し、これに従うウェブサイトが2005年の約2万2000件から7月現在、約3万8500件に増えていることが明らかになった。



関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP