주요 기사 바로가기

「ろうそく集会、暴力ふるった者は検挙へ」

2008.06.29 09:49
0



警察がデモ主催側である狂牛病国民対策会議の幹部に対し、27日、逮捕令状の発行を受けた。

韓珍熙(ハン・ジンヒ)ソウル警察庁長は懇談会で「最近デモでブロックやパチンコが登場し、デモ隊が氷酢酸を水砲に入れて警察に向けて撃つなど暴力が忍耐の度合いを超えている。民主主義の国でありえない状況」と言った。

韓庁長は「27日からは水砲を撃ち、解散はもちろん、極端な行動をとる者が現われた場合、デモ隊に色素が入った水砲を撃った後、色のついたは人は現場で全員検挙する」と明らかにした。「警察の阻止線が崩れ、デモ隊が警察バスを引き出そうとするような行為をした場合、水砲に催涙液を入れて撒布することも検討する」と話している。


★ 関連記事 青瓦台「過激デモ、国民も忍耐の限界に」 警察「色素入った放水砲を使用」…暴力主導8人に令状

関連記事

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    「ろうそく集会、暴力ふるった者は検挙へ」

    2008.06.29 09:49
    뉴스 메뉴 보기
    TOP