주요 기사 바로가기

韓国小学生「他人への配慮に欠ける」…日英仏と比較

2008.06.03 07:43
0
韓国の小学生が他人を思いやり、尊重する程度が英国、フランス、日本の小学生に比べて低いことが分かった。小学生の授業に対する興味も4カ国中、最も低かった。

韓国教育課程評価院のチョン・ヒョソン研究チームは、4カ国の小学4年生2349人に実施したアンケート調査結果を2日、発表した。国内73カ所、英国4カ所、フランス4カ所、日本3カ所を含む84カ所(駐韓外国人学校含む)の小学生が対象とされた。

◇一人っ子が多く、自分しか知らず

韓国の小学生は人を理解したり、尊重する程度が4カ国のうち最も低かった。「教室で他人を理解して尊重することを学び、実践しているか」という質問に「実践している」と答えた小学生は、わずか15.9%だった。英国とフランスの小学生の3分の1の水準にすぎず、日本(28.7%)とも大きな差がみられた。特に「社会生活に必要な秩序と規則を学び、実践している」と答えた小学生も18.4%にすぎなかった。フランス、英国、日本と2~3倍の差があった。

クォン・スンダル水原(スウォン)大学教育学教授は「最近の子どもは一人っ子だったり兄弟が少ないため、人を思いやることを習ぶ機会が少ない」とし「学校でも人を尊重する仕方を教えていないのが問題」と指摘している。

◇小学生「授業つまらない」

韓国の小学生は学校の授業を「面白くない」と言っている。「授業が面白い」と答えた小学生はわずか35.2%だった。フランス(55%)、英国(48%)、日本(42.6%)の小学生に比べ、授業に興味がないわけだ。「勉強するのが好き」「教室で勉強しているときが幸せだ」と答えた小学生の比率も最も低かった。授業に興味がないため、集中度(16.5%)もほかの国の小学生に比べると低かった。

小学生の子供を持つ主婦チョン・ジインさん(41)は「小学生のときから学習塾で先行学習を受けてきたため、授業がつまらなく感じるのは当然」とし「学校が小学生の現実を教育に反映することができずにいる」と語った。チョン・ヒョソン研究委員は「小学生の行動を特性別に指導し、授業の興味の度合いを高めるために、1学級当たりの小学生の数を減らす多角的な対策が求められる」と話した。
★ 注目記事 <環境キャンペーン>2100年の日本…環境省の温暖化報告書 <インタビュー>ペ・ヨンジュンが告白…「不眠症で点滴を受けていた」

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP