주요 기사 바로가기

既婚男女「配偶者、こんなときがいちばんイヤ」

2008.05.22 15:02
0
「無駄口をたたく妻、結婚後変わった夫がイヤ」--。

21日、夫婦の日を迎え、Gマーケットがネチズン892人を対称に「自分の配偶者が最もイヤになるとき」を調査した結果だ。

男性は「常に小言を並べ立てるとき」(18%)が、女性は「恋愛時代とあまりに変わった外見や性格を感じるとき」(17%)が最もイヤだと回答した。

続いて男性は「生理現象を人前で堂々と表す妻」(13%)と「家事にあまり神経を使わない妻」(13%)を2位に選んだ。女性は「家事にあまり神経使わない冷たい夫」(13%)を2位に選んだ。常に小言を並べ立てる夫も嫌われ者だった。「小言を言う夫」(12%)は3位だった。このほかにも「両親や実家に気を使わないとき」「ほかの異性に関心を見せるとき」「別の所で受けたストレスをこちらに向けて解消しようとするとき」がイヤになるタイプに挙げられた。

一方「配偶者が最もかわいらしいと感じるとき」という問いに男女とも「両親によく接してくれるとき」(男28%、女24%)を挙げた。続いて男性は「大変でも大変なふりをせず心強く堪えてくれるとき」(19%)が妻を最もかわいいなと感じる」と回答した。女性は「家事、子供たちに気を使ってくれるとき」(19%)を挙げ、家庭に協力的な夫を好んでいることがわかった。

「生まれ変わっても現在の配偶者とまた結婚するか」という質問には男性は肯定的、女性は否定的に答える人が多かった。男性は37%が「する」と回答した。「しない」と回答した人(30%)より肯定的な回答が相対的に高かった。一方、女性は「する」(27%)が「しない」(34%)より少なかった。

「夫婦ならこれだけは合わなければならない」という質問には男女とも「性格」を第一に挙げた。次に、男性は「趣味活動」が、女性は「価値観」が合わなければならないと明らかにした。「性的な相性」が合わなければならないという回答(男15%、女8%)もあった。「宗教」や「育った環境」は男女ともに低い回答(6% 以下)だった。

「老後に必ず一緒にやりたい活動」では男女とも「海外旅行」を挙げた。「文化・趣味活動」「帰農生活」が続いた。

最新記事

    もっと見る 0 / 0
    TOP