주요 기사 바로가기

三星-LG、‘敵との同床’

2008.05.15 16:14
0
韓国を代表する二大電子企業の三星(サムスン)電子とLG電子が北米モバイルテレビ規格を共同開発する。 海外市場で携帯電話機・家電製品・LCDなどの分野で激しく競争している両社が力を合わせて独自標準を推進するのは今回が初めて。

朴鍾佑(パク・ジョンウ)三星(サムスン)電子デジタルメディア(DM)総括社長とLG電子の最高技術責任者(CTO)の白禹鉉(ペク・ウヒョン)社長は14日、ソウル・プラザホテルで「北米モバイルテレビ技術標準協力のための調印式」を行った。 デジタル放送を携帯電話やナビゲーションなどモバイル機器で簡単に視聴できる技術標準を開発し、米国デジタルテレビ委員会(ATSC)に共同名義で提案するということだ。 韓国のDMBやヨーロッパのDVBのように別途の周波数を活用する技術とは違い、放送用周波数をそのまま活用できる。

これまでモバイルテレビは三星電子・LG電子・トムソン連合などが‘標準競争’をしてきた。 三星・LGが手を組んだことで、これら技術の標準採択の可能性が高まったということだ。 朴鍾佑社長は「モバイルテレビ標準選定作業が加速する」と期待を表した。

両社はデジタル放送標準化、移動通信技術(CDMA)開発、ブルーレイフォーラムなどに同じグループで参加した。 また昨年は韓国ディスプレー協会を設立し、LCD分野の標準化に力を注いだ。 しかし両社の主導で独自標準に取り組んだことはなかった。 LG電子の白禹鉉社長は「グローバル製品競争力を持つ国内企業が協力すれば、新しい技術標準と市場をリードすることができる」と語った。

最新記事

    もっと見る 0 / 0

    포토뷰어

    三星-LG、‘敵との同床’

    2008.05.15 16:14
    뉴스 메뉴 보기
    TOP