中央日報

2017年の韓国サッカーに「2002年発の暗雲」が垂れ込めている。申台龍(シン・テヨン)監督(47)を中心に2018ロシアワールドカップ(W杯)本大会の準備に入っていたサッカー韓国代表が「フース・ヒディンク(71、オランダ)」という超大型イシューにぶつかった。2002韓日W杯4強神話を記憶する多くのサッカーファンは「直ちにヒディン… 2017年09月16日 (土)13時52分 記事全文
次の15件