中央日報

李洛淵(イ・ナクヨン)首相が平昌(ピョンチャン)冬季五輪の女子アイスホッケーで南北が合同チームを構成するのに特に問題はないとの立場を明らかにした。16日の記者団との昼食懇談会でのこと。 李首相はこの日、「(アイスホッケーは)選手が競技全体に出場するのではなく1~2分ずつ交代しながら出場する。… 2018年01月17日 (水)08時40分 記事全文
前の15件 次の15件