中央日報

スタートしてまだ3カ月余り。「申台龍(シン・テヨン)号」が座礁の危機に直面している。 7月4日に空席だったサッカー韓国代表の指揮官に申台龍(シン・テヨン)監督(47)が選任された当時、このような状況を予想する人はいなかった。2018ロシアワールドカップ(W杯)本大会の最後の峠だったアジア最終予選第9戦のイラ… 2017年10月17日 (火)11時22分 記事全文
次の15件