中央日報

労働新聞「われわれが核放棄? 海の水が干上がるのを待つようなもの」 北朝鮮の労働新聞が「いかなる制裁も挑発も威嚇もわれわれの核保有国の地位を絶対に崩すことはできない」と主張した。金英哲(キム・ヨンチョル)北朝鮮統一戦線部長の韓国訪問を控えて出てきた議論に対する反応だ。 労働新聞は23日、「暴政の核を手なずける強力な正義の宝剣」という題名の論評で… 2018年02月25日 (日)12時31分 記事全文
次の15件