中央日報

報告書は中国が北朝鮮の内部に設置する緩衝地帯として3つの可能性を提起した。保守的な展望は鴨緑江(アムノッカン)と豆満江(トゥマンガン)の南50キロであり、最大では平壌(ピョンヤン)を通る185キロ線で、この地図を報告書に同時に掲載した。 報告書は中国の対北朝鮮戦略を分析した後、制裁の強化を勧告… 2018年11月15日 (木)17時07分 記事全文