中央日報

韓国観光公社社長、平昌五輪を控えて辞任へ 鄭昌洙(チョン・チャンス)韓国観光公社社長(61)が辞任する。6月の地方選挙で江原道(カンウォンド)知事出馬説が出ている中、鄭社長は「公社が新しく2018年を始めることができる今が適期だと判断した」と退任の背景を明らかにした。 鄭社長は2015年8月に就任し、任期3年を満たさず観光公社を離れることになった。… 2018年01月19日 (金)16時04分 記事全文