中央日報

平均賃金が上昇した企業は62社で、下落した企業は32社となった。賃金の上昇と共に減員を実施した企業は4社だった。予想された危機が迫ってきたと見られる。金融危機以降、自動車産業の両極化、革新能力と効率性の低下、パラダイムの転換に対する対応力の不在問題が台頭したが、韓国の完成車メーカ… 2018年09月19日 (水)16時05分 記事全文