中央日報

韓国経済新聞

韓国の産業通商資源部(産業部)は22日、米国政府が韓国産鉄鋼に輸入制限措置を取る場合、追加の関税賦課や関税割当(TQR)、クオータ(輸入物量)設定などを発動する可能性があると分析した。 産業部はこの日、国内の鉄鋼業界と会議を開き、米国政府の「韓国産など輸入鉄鋼による安全保障影響調査の結果」に… 2017年06月23日 (金)13時43分 記事全文
次の15件