中央日報

映画

俳優ユ・ジテ、ラース・フォン・トリアー監督の新作にアジア俳優として初出演 俳優ユ・ジテが世界的な映画の巨匠、ラース・フォン・トリアー監督からラブコールを受けた。 ユ・ジテは最近、アジアの俳優としては初めてラース・フォン・トリアー監督の新作『The house that Jack built』の出演を確定した。ラース・フォン・トリアー監督の作品にアジア系俳優が出演する例は今までただ一度もなかった。そのため、ユ・ジテのキャスティングは注目すべきところだ。 ユ・ジテの出演は『ニンフォマニアック』を輸入したat9Film社とラース・フ... 2017年04月27日(木) 16時58分 記事全文
次の15件