中央日報

経済協力開発機構(OECD)が数日前に発表した景気先行指数は総体的不振に陥った韓国経済の現住所を確認させてくれた。韓国の景気先行指数(CLI)は2017年3月に100.98でピークに達した後15カ月連続で下落中だ。1997年の通貨危機以降で最長期間の下落を続け99.22まで低くなった。生産、投資、消費などどれひとつまともにできていない… 2018年08月14日 (火)12時56分 記事全文
次の15件