中央日報

【コラム】金正恩論争

1550年、スペインの首都だったバリャドリッド(Valladolid)で世紀の論争が広がった。翌年まで続いたこの論争は、新大陸原住民の処遇をめぐって二大勢力がぶつかった。論争の主人公は原住民の立場を代弁した老修士ラス・カサス(1484~1566)と彼に異を唱えた哲学者セプルベダ(1490~1573)だ。当時、原住民は新大陸発見以降の征服過程で虐… 2017年03月27日 (月)14時38分 記事全文
前の15件 次の15件