中央日報

討論者を選定する時、特定団体に所属している会員だけを対象に選ぶのではなく、性・年齢・地域・職業別(または、所得別)の特性を考慮する割り当て抽出法を導入すれば、2つの前提を一度に満たすことができる。結果の受容性は手続きの公正性に比例する。討論を通じて導き出された結果に参加者が同… 2017年05月29日 (月)10時38分 記事全文
次の15件