中央日報

身一つで挑戦する企業家精神、工学・医学の学生にも必要 今年2月、ソウル大学自然大のホームページには「特別な」閉講の公告が載った。客員教授として任用された2011年にノーベル化学賞の受賞者ダン・セヒトマン(73、イスラエルテクニオン工大)教授が6月にイスラエル大統領選挙に出馬するため講義が中止になったという内容だった。非政治家出身の老科学者の無… 2014年09月17日 (水)16時42分 記事全文
次の15件