中央日報

憲法裁の決定、李石基元議員の内乱陰謀事件上告審に影響も 憲法裁判所の統合進歩党解散決定宣告は、最高裁判所で進行中である李石基(イ・ソッキ)元議員(52)の内乱陰謀事件上告審裁判にも影響を及ぼすとみられる。統合進歩党の反体制性・暴力性が認められたことで、党の幹部である李元議員の内乱陰謀・内乱扇動・国家保安法違反容疑も認められる可能性が高ま… 2014年12月20日 (土)12時20分 記事全文
次の15件