中央日報

人間生活の3種類の基本要素は「衣食住」と言われるが、20~30代のサラリーマンの10人に2人は考えが違った。彼らは家よりも自動車の購入を優先と考えていた。 オンライン就職ポータルのサラムインが20~30代の会社員1802人を対象に、「家と自動車のうち優先順位」をテーマに質問した結果、22.2%が「家よりも自動車購入… 2015年02月01日 (日)11時34分 記事全文
次の15件