中央日報

為替投機勢力が再び猛威を振るっている。武器はこれまでよりさらに強くなった。為替投機主導勢力であるヘッジファンド設定額は過去最大規模に増えたがレバレッジ比率(証拠金比総投資金額)は「ボルカールール」規制により金融危機以前の水準を回復できなかった。だがアルゴリズムによるプログラ… 2019年01月14日 (月)09時46分 記事全文
次の15件