中央日報

「ハノイショック」でKOSPI(韓国総合株価指数)が40ポイント近く下落して2200線が崩壊した。 28日、小幅下落でスタートしたKOSPIは締め切りを約30分後に控えた午後3時ごろ、30ポイントを超えて急落に転じた。米朝首脳会談昼食会と合意文署名式が取り止めになったいうニュースが伝えられた直後だ。結局、KOSPIは前日より39.35ポイ… 2019年03月01日 (金)08時26分 記事全文
次の15件