中央日報

パン議長は昨年の上場以降から新事業探しに乗り出した。上場資金で最大5兆ウォンの資金余力ができたことも多様な事業を試みる力となる。ネットマーブルは先月の株主総会で人工知能(AI)、仮想現実(VR)、拡張現実(AR)などを新規事業目的に追加し、今年の事業ポートフォリオ多角化を予告した。 1994年にソウル大… 2018年04月05日 (木)09時26分 記事全文
前の15件 次の15件