中央日報

大田(テジョン)儒城(ユソン)の小型衛星生産会社サトレックアイは中小企業だが、売上高の65%以上を人工衛星の輸出が占める。KAIST(韓国科学技術院)人工衛星研究所の出身者が独立して設立したこの会社は現在、東南アジアの国から偵察衛星レベルの30センチ級超高解像度の人工衛星カメラを受注して製作している。… 2019年01月18日 (金)09時15分 記事全文
次の15件