中央日報

LG洗濯機、米国で関税障壁なくワールプールと競争へ LGエレクトロニクスが米国市場を攻略するためテネシー州に洗濯機工場を竣工し、稼動を始める。LGエレクトロニクスは現地生産を増やし米国の輸入洗濯機の関税障壁を回避できるものと期待している。 LGエレクトロニクスは30日、「米国テネシー州に3億6000万ドル(約393億円)を投資し、生産規模が年間120万台の洗濯機… 2019年05月31日 (金)16時01分 記事全文
前の15件 次の15件