中央日報

政権と足並みそろえたが…翼が折れた東芝(2) 東芝経営陣はなぜ原発事業に無理に進出したのだろうか。韓日産業技術協力財団のイ・ウグァン研究委員は「東芝特有の政経癒着文化」を指摘する。当時、日本経済産業省は原発事業を国の新しい成長動力として育成することを決め、政策を積極的に推し進めていた。イ委員によると、東芝の社長・会… 2017年06月23日 (金)10時32分 記事全文
次の15件