女優ユン・ジンソ、映画で流暢な日本語披露

女優ユン・ジンソ、映画で流暢な日本語披露

2008年04月23日18時33分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  女優ユン・ジンソ(25)が映画「ビスティー・ボーイズ」で見事な日本語の実力を発揮し、話題になっている。

  映画の中で、ユン・ジンソはユン・ゲサンと一緒に日本式の居酒屋へ行き、日本語でメニューを注文する。

  ドラマや映画で俳優が外国語で演技することが時々あるが、ほとんどの場合、ハングルで書かれた発音を覚えて演じている。しかしユン・ジンソはこの場面で日本語の実力を遺憾なく発揮し、スタッフを驚かせた。

  ユン・ジンソの所属会社の関係者は「日本語のほか、英語やフランス語にも堪能。外国人とコミュニケーションをはかるうえで全く問題はない。普段からよく旅行し、語学の勉強に励んでいる」と話した。

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事