企業のブランド価値、中国は上昇、韓国は低下

企業のブランド価値、中国は上昇、韓国は低下

2008年04月22日12時33分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  国内企業のブランド価値が相次いで低下している。

  世界100大ブランドに韓国企業として三星(サムスン)が唯一、ランクインした。一方、中国企業のブランドの価値は急上昇している。

  フィナンシャルタイムズ(FT)は21日、全世界23業種、約5万ブランドを調査し、世界100大ブランドを発表した。世界で最も価値があるブランドはグーグル(860億ドル、約8兆8500円)。続いてゼネラルエレクトリック(GE)とマイクロソフト(MS)、コカコーラの順だった。三星は韓国企業として唯一、100大ブランドの58位にランクインした。三星のブランド価値は昨年の127億4000万ドル(約1兆3000億円)から今年118億7000万ドル(約1兆2000億円)に落ちた。順位も44位から14段階もランクダウンした。

  中国企業は中国工商銀行などの順位が大幅に上昇し、50位以内に4企業がランクインした。

  今回の調査を行った市場評価業者ミルワードブラウンの最高経営者(CEO)ジョアンナ・サダン氏は「消費者は強力なブランド力を持った製品に引かれる傾向があり、ブランドをうまく管理している企業は収益や株価もおのずと高くなる」と説明した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事