ドラマ「一枝梅」に吉俣良が音楽監督として参加

ドラマ「一枝梅」に吉俣良が音楽監督として参加

2008年04月18日15時25分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  ドラマ「一枝梅」のイ・ジュンギのために吉俣良が応援に駆けつける。

  吉俣良は5月28日から放送されるSBS(ソウル放送)水木ドラマ「一枝梅」(脚本チェ・ラン、演出イ・ヨンソク)の音楽監督を担当、韓国ドラマに初めて参加する。

  吉俣良は「冷静と情熱のあいだ」の音楽監督として知られ、日本では「空から降る一億の星」「ランチの女王」「プライド」など、手がけたドラマを大ヒットさせる‘ヒットメーカー’だ。

  「一枝梅」の外注制作会社チョロクペミメディア側は「イ・ジュンギは日本で『ホテルビーナス』『初雪の恋 ヴァージン・スノー』などで知られているうえ、最近のドラマ『マイ・ガール』でトップ韓流スターに浮上している」とし「吉俣良氏がイ・ジュンギの『王の男』を高く評価し、音楽監督の提案にも快く応じてくれた」と明らかにした。

  イ・ジュンギと吉俣良の出会いで「一枝梅」は早くも日本からラブコールを受けている。

  イ・ジュンギ側は「『冷静と情熱のあいだ』を見たが印象的だった。ドラマの作業に参加してくれるというので光栄に思っている」と話した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事