メンバー交代のsg WANNA BE+、カントリーロック歌う

メンバー交代のsg WANNA BE+、カントリーロック歌う

2008年04月15日17時05分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  男性3人組ボーカルグループ、sg WANNA BE+が5枚目のアルバムにカントリーロックの曲を収録する予定とされ、注目を集めている。

  3枚目までミディアムテンポ・バラードを掲げていたsg WANNA BE+は、4枚目では国楽と打楽器のリズムを取り入れた曲を発表している。所属事務所・Mnetメディアの関係者は「4枚目の代表曲『アリラン』が韓国の情緒にあう国楽との調和で話題を集めたとすれば、5枚目の代表曲『ラララ』は米国の大衆的なジャンル、カントリーロックを試みている。馴染みのあるリズムとメロディになっている」と説明した。

  4月下旬にリリースするsg WANNA BE+の5thアルバムでは、脱退したメンバー、チェ・ドンハの後任となるイ・ソクフンが合流し、歌を歌う。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事