【百想芸術大賞】映画部門人気賞は誰の手に?

【百想芸術大賞】映画部門人気賞は誰の手に?

2008年04月15日15時15分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  

大衆の支持を受ける映画スターは一体誰だろうか。第44回百想芸術大賞・映画部門人気賞の主人公をめぐり競合が繰り広げられている。

  百想芸術大賞は毎年テレビ部門と映画部門に分け、男女4人を選んで人気賞を授与している。最優秀演技賞とともに俳優が最も受賞したい賞がこの人気賞だ。広告界が注目する賞であり、大衆の関心と愛情の‘同義語’でもある。

  人気賞は3月26日から4月21日までのモバイル・ARS投票で集計され、その結果が人気賞の最終結果に反映される。

  14日現在、映画部門の上位に入っている俳優はクォン・サンウ、ハ・ジョンウ、ソン・スンホン、ユン・ゲサン、カン・ドンウォン。

  「宿命」のクォン・サンウが24%の得票でトップを維持し、「追撃者」のハ・ジョンウ(11%)が2位、「宿命」のソン・スンホン(9%)が3位と続いている。

  女優は「私たちの生涯最高の瞬間」のキム・ジョンウンが36%で1位、「用意周到ミス・シン」のハン・イェスルが21%で2位となっている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事