ドラマ「オンエア」 内容流出防止のためファンに自粛要請

ドラマ「オンエア」 内容流出防止のためファンに自粛要請

2008年04月15日14時08分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  SBS(ソウル放送)水木ドラマ「オンエア」がファンによるパパラッチ行為のために頭を悩ませている。

  「オンエア」制作スタッフは13、14の両日、大邱(テグ)広域市トンソン路一帯で撮影を兼ねた団結大会を開いた。

  各撮影現場に数百人のファンが押しかけ、キム・ハヌル、イ・ボムスら主演俳優の写真を撮ったため、ストーリーの分かる写真がインターネットに大量に出回るという問題が起きている。

  これまで「オンエア」はストーリーが流出しないように注意を払ってきた。すでに放送された台本の公開も、今後のストーリーが予測される可能性があるとして中断された。

  台本も内容が流出しやすいコンピューターファイルの代わりに製本だけが現場で使われている。

  「オンエア」広報代行社側は「大邱市内での撮影では約1000人を超すファンが現場に押しかけた。パク・ヨンハやイ・ボムスを見るために100人余りの日本人ファンも来ていた。制作スタッフが大きな関心に感謝しているが、ストーリーの流出を心配して自粛を要請している」と伝えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事