クォン・サンウ、ドラマ「大物」の役作りに励む

クォン・サンウ、ドラマ「大物」の役作りに励む

2008年04月14日14時24分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  トップスタークォン・サンウが韓国一の‘ヒモ男’になるためにダンスの練習に明け暮れている。

  クォン・サンウは7月に放送予定のSBS(ソウル放送)水木ドラマ「大物」(脚本ユ・ドンユン、演出キム・ヒョンシク)で、韓国初の女性大統領をつくる男の役を演じるため、ジルバ、ブルース、チャチャチャ、ルンバ、ジャイブ、サンバなどを猛特訓している。週5日以上、ソウル江南(カンナム)のスポーツダンス学校で練習に励んでいる。

  「大物」の関係者は「すでにドラマの役作りに没頭している。さすがトップスター」と絶賛している。

  「大物」は100億ウォン(約10億円)以上の制作費が投入され、コ・ヒョンジョン、クォン・サンウの大物スターが出演することで、話題になっている作品。

  5月初めから撮影に入り、5月中旬には大規模な日本ロケが予定されている。日本などの海外ファンもクォン・サンウの変身に期待している。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事