<野球>円高ウォン安でホクホク顔の日本進出選手

<野球>円高ウォン安でホクホク顔の日本進出選手

2008年04月10日14時26分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  この数カ月間、ウォン安が大幅に進んだ。 ウォン安を喜んでいるのは輸出業者だけではない。 海外に進出した野球韓流スターもウォン安の恩恵を受けている。

  最近日本で会った野球関係者は「日本プロ野球でプレーする韓国選手は最近喜んでいるはずだ」と話した。 海外進出選手は日本円または米ドルで年俸を受ける。 球団が住宅を用意してくれるため、日本で円を使うことは多くない。 ほとんどの収入を韓国に送金または外貨通帳に入れておく。 同じ金額を受け取っても、ウォン安のために実質収入が増えているのだ。

  ヤクルトの林昌勇(イム・チャンヨン、32)は基本年俸30万ドルで契約した。 契約書にサインした昨年12月9日は1ドル=922ウォンだった。 韓国ウォンに換算すると2億7660万ウォン。 2月から11月まで年俸を10カ月に分けて受けるため、契約当時の為替レートで林昌勇の月給は2766万ウォンだ。

  しかし1ドル=1000ウォン以上までウォン安ドル高が進んだ2・3月の月給は3000万ウォンを超えた。 現在は1ドル=980ウォン程度であるため、今月の月給は2900万ウォン程度になると推定されるが、今後またウォン安が予想されている。

  中日の李炳圭(イ・ビョンギュ、34)もウォン安の受恵者だ。 李炳圭は昨年に続いて年俸1億5000万円を受ける。 ウォン・円レートは昨年100円=800ウォン割れとなっていたが、先月は100円=1000ウォン以上までウォン安円高が進んだ。 李炳圭はウォン・円レートを適用し、韓国ウォンで受ける契約を結んでいる。 昨年の李炳圭の月給は1億2000万ウォン余だったが、今年は1億5000万ウォン程度になるということだ。

  日本円で契約した読売の李承燁(イ・スンヨプ、32)は損失をばん回中だ。 李承燁が初めて日本に進出した04年、ウォン・円レートは100円=1100-1200ウォンだった。 読売と日本最高額(4年・30億円)で契約した後、昨年は100円=800ウォン程度だったが、現在は100円=950ウォン程度となっている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事