ロゲIOC委員長「聖火リレーの中断はない」

ロゲIOC委員長「聖火リレーの中断はない」

2008年04月10日13時49分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  国際オリンピック委員会(IOC)のジャック・ロゲ委員長は8日、「北京オリンピックの聖火リレーの中断は考えていない」と明らかにした。 ロゲ委員長の発言は、今月初めに始まった海外聖火リレーが中国当局のチベット暴動弾圧に抗議する各国人権団体の妨害で深刻な支障が生じている中で出てきた。

  ◇「誤ったうわさ」=ロゲ委員長はこの日、フランスの放送に出演し、残りの聖火リレーが中断される可能性について質問を受け、「誤ったうわさだ。その問題は議論されていないし、そういうシナリオも考えたことはない」と述べた。 モレウIOC報道官は「IOC理事会が今週、北京で聖火リレー問題について話し合う予定」と明らかにした。

  あるIOC委員はBBC放送との会見で「次の聖火リレー都市である米サンフランシスコでも、英ロンドンや仏パリと同じような状況になれば、聖火リレーを中断すべきだという圧力が高まるだろう」と分析した。 一部のIOC委員は、海外聖火リレーの経路を短縮または変更すべきだと主張している。

  

  

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

関連記事