‘現代車100万台軍’中国進撃作戦(1)

‘現代車100万台軍’中国進撃作戦(1)

2008年04月09日16時50分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  現代・起亜(ヒョンデ・キア)自動車グループが世界2位自動車市場の中国で年間100万台生産体制を整え、市場攻略に乗り出した。

  現代車中国生産法人の北京現代は8日、北京順義区で年産30万台規模の第2工場の竣工式を開き、稼働に入った。 この席には鄭夢九(チョン・モング)現代・起亜車会長、郭金龍・北京市長、イ・ヒョンジュ駐中韓国代理大使ら600人余りが出席した。 現代車はこの日、「アバンテ」の初の中国現地型モデル「エラントラ悦動」の発表会を開いた。

  これで現代・起亜車の中国内の生産能力は、北京現代第1工場(年30万台)と江蘇省塩城市の起亜車第1・2工場(43万台)を合わせて計103万台となった。 現代車は第1工場で「EFソナタ」「アバンテXD」など5車種を生産している。 第2工場は当面、「エラントラ悦動」だけを生産し、今後3-4車種を投入する予定だ。 現代・起亜車は2010年までに中国での販売を104万台に増やし、‘生産-販売100万台時代’を開くことを目標にしている。

  鄭夢九会長はあいさつで「60万台の生産体制構築は、北京現代が中国最高自動車会社の一つに成長したことを意味する。 中国顧客のニーズを反映したデザインと仕様をアピールしていく」と述べた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事