イ・ジョンヒョン、先輩キム・サンギョンから「特別な応援」

イ・ジョンヒョン、先輩キム・サンギョンから「特別な応援」

2008年04月07日17時00分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  公営放送・KBSテレビ(韓国放送公社)第2チャンネルの週末ドラマ『大王世宗(セジョン)』(シナリオ:ユン・ソンジュ、演出:キム・ソングン)に出演中の李貞賢(イ・ジョンヒョン)が先輩のキム・サンギョンから「特別な愛」を受けている。

  劇中世宗の後宮(めかけ)になるキム氏役を演じるイ・ジョンヒョンは1日、京畿道竜仁(キョンギド・ヨンイン)の民俗村(主に朝鮮時代の古い建築物などを再現しておいた野外博物館)で行なわれた『大王世宗』の現場公開で「ロケが多い時代劇は風邪にひきやすい。肌着を着ないと先輩からひどく叱られたりする」とし「とくに、サンギョンさんはついて来てまで肌着を着るようにと確認する」と話した。

  キム・サンギョンの特別な配慮は、イ・ジョンヒョンと同じ科の先輩だからだ。『大王世宗』の主要人物、キム・サンギョン、イ・ジョンヒョン、イ・ユンジは中央(チュンアン)大学芝居映画学科の先輩と後輩。やはり後輩のイ・ユンジは世宗の妻、昭憲(ソホン)王后役を演じる。

  歌手で俳優のイ・ジョンヒョンは「今年ようやく入学から9年ぶりに卒業でき、大変だった。ユンジは優しく、学校でも先輩らに好かれている」とし「歌手よりやりがいがあるのが演技。時代劇だから扮装に時間がかかり、普段より身体的にも10%ほど厳しい」と付け加えた。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事