ソ・ジソブ効果絶大、ソニーカメラCM第2弾はプラハ

ソ・ジソブ効果絶大、ソニーカメラCM第2弾はプラハ

2008年04月07日16時05分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  俳優ソ・ジソブが出演したソニーカメラの広告第2弾が7日から紙面やテレビで公開される。

  ソニーの新しいCMで、ソ・ジソブはゴシック様式の塔や中世の古城、橋などを背景に恋人の街プラハを散策し、エキゾチックな街並みと美しさをカメラに収めた。

  今年1月にソ・ジソブが日本・北海道の雪景色を背景に撮影した第1弾の広告が公開されて以降、ソニーのアルファモデルの売上高は5倍以上に伸び、改めてソ・ジソブの人気を実感させた。女性ユーザーの比率も急増し、ソ・ジソブ効果が絶大に発揮されている。

  ソ・ジソブがソニーとモデル契約をした際にも大きな話題になった。写真が趣味のソ・ジソブがソニーアルファのユーザーであることが知られ、これをきっかけにソニーはソ・ジソブをモデルに起用した。ソ・ジソブがあるポータルサイトに連載していたフォトエッセーは照会数が40万回を超えている。

  ソニーの広告関係者は「ソ・ジソブは写真の分野でもプロの写真作家に負けないほどの人気で、オピニオンリーダーとしての役割も担っている。柔らかい男性美と飾らない自然な魅力が個性とオリジナリティーを重視するアルファのコンセプトにマッチしている」と評価した。

  ソ・ジソブはチャン・ジン監督とともに撮影したOCNスペシャルムービー「U-TURN」で熱演した。ソ・ジソブは今年下半期に放送されるSBS(ソウル放送)「カインとアベル」の撮影を控え、準備に入っている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事