パク・ジョンア、ラジオ番組やめて歌手活動に専念

パク・ジョンア、ラジオ番組やめて歌手活動に専念

2008年04月04日17時32分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  女性グループ「JEWELRY(ジュエリー)」のリーダー、パク・ジョンアがラジオ番組の司会をやめる。

  最後の放送(6日)を控えているパク・ジョンアは所属事務所を通じて、1年6カ月間務めた『星が光る夜に』の司会をやめることについての所感を語った。パク・ジョンアは「これまでラジオ番組の司会者として活動しながら、多くの人と音楽について話しあい、歌手としても成長したと思う。また、性格も消極的なほうだったが活発になった」と番組への愛着を示した。

  続いて「毎日ラジオを通じファンに会いにいく道がとても楽しかった。私を待ってくれる聴取者がいて幸せだった。ラジオ番組をやめるものの、『星が光る夜に』の司会者としてのパク・ジョンアを長らく覚えていてほしい」とした。所属事務所・スター帝国は「新譜の活動に専念するため、ラジオ番組を放棄した。パク・ジョンアの後任にはお笑い芸人のパク・キョンリムが決まっているが、パク・ジョンアが遠くから応援するだろう」と伝言。

  一方、JEWELRYは先月、5thアルバムをリリースして以降1カ月間、タイトル曲の『One more Time』が各種のオンライン・オフラインの音楽チャットでトップの座を維持するなどパワーを見せつけている。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事