韓国の電波、日本の対馬を占領?

韓国の電波、日本の対馬を占領?

2008年04月03日13時00分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  韓国の無線電話基地局から送られている電波が日本の対馬の電波を妨害する事件がたびたび起きている。

  釜山(プサン)の携帯電話基地局の電波が50キロ離れた対馬の北端にまで達し、日本で国内通話をした利用者に高額な国際電話料金が請求されるという事例が発生していると朝日新聞が2日報道した。

  昨年4月に対馬北部でNTTドコモの携帯電話を使用したある利用者は、国内通話だったのに国際電話の料金請求書を受け取った。すべて自動国際電話ローミングサービスに加入した利用者だった。日本の移動通信会社が昨年から始めるたこのサービスを利用すれば海外旅行の際に日本で契約した携帯電話をそのまま海外でも自由に使える。一部の機種は、基地局の電波で国内にいるか国外にいるかを感知。自動的に切り替わる。

  韓国の移動電話基地局の電波が強いうえに、対馬が日本の本土よりは韓国に近いというのが問題だった。対馬南部から九州の北端まで80キロしか離れていないのに比べ、対馬の北端から釜山までは50キロにもならない。

  総務省の移動通信課によると「雲が低く海上がなぎといった気象条件が重なると、対馬北部に韓国からの電波が届くことがあり、このため携帯電話が現在地を韓国だと誤認してしまう」と説明した。同様の現象は欧州国境付近でも起きているという。

  KDDI(au)やソフトバンクの機種にはこれまでそうした報告はないが、両社は「あってもおかしくない」としている。

  通常は国境を越えて海外の電波が入ってきた場合、当事国同士で調整を図る。しかし総務省は「重大な電波障害ではなさそうだ」とし「対馬内で国内・国外が自動的に切り替わらないよう携帯電話の設定を変えるか、ローミングサービスを解除するのが解決策だ」と話している。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

関連記事