『オンエア』 イ・ソジンのプロポーズはホント?ウソ?

『オンエア』 イ・ソジンのプロポーズはホント?ウソ?

2008年04月03日12時33分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  SBS(ソウル放送)水木ドラマ『オンエア』のトップスターらのカメオ出演に俳優のイ・ソジンも加わった。

  2日に放送された『オンエア』9話では、MBC大河ドラマ『イサン』で改革君主の李祘(イ・サン、正祖)を演じて人気急上昇中のイ・ソジンが特別出演し、視聴者を驚かせた。

  劇中でエンターテインメント会社社長のチャン・ギジュン(イ・ボムス)とスポーツクラブで会ったイ・ソジンは、運動で鍛えた筋肉質な体を披露した。ギジュンが劇中劇の『チケット・トゥー・ザ・ムーン』の主役をしてみないかと尋ねると、イ・ソジンは「実は僕、今回の作品(=イサン?)が終わったら、違う作品を撮ることになっている。僕が主人公だという以外はまだ何も分かっていない。恋愛ものになるのか、ハードボイルドになるのか」という真実味のある答えを返した。

  これにギジュンが「何かたくらんでいるのか」とイ・ソジンに尋ねると、イ・ソジンは「たくらんでいるわけではなく、いい人がいるから連れてこようかと…」と答え、本当の恋人であるキム・ジョンウンとの結婚の意思をほのめかしたかのようだった。続いて「結婚するのかよ」というギジュンの問いにイ・ソジンは「僕はそうしたいんだけど、向こうがどう思ってるのかわからない」と、キム・ジョンウンに間接的なプロポーズをしたようにみせた。

  イ・ソジンのこのようなセリフは『イサン』の放送終了後、キム・ジョンウンと結婚式を挙げる計画だといううわさをドラマ『オンエア』の中で展開させることにより、ドラマが現実のとの間にある微妙な境界を越えるように仕立てた。視聴者もこのような試みに注目している。近い将来結婚式を挙げたいというイ・ソジンの個人的な思いを演技という形で視聴者にアピールした。

  この日の放送後、同ドラマサイトの視聴者掲示板には「イ・ソジン-キム・ジョンウンが結婚発表をしたのではないか」「キム・ジョンウンをいい人と言ったセリフが印象的だった」「イ・ソジンの出演でドラマによりいっそうリアリティーが深まった」などという意見が書き込まれ、イ・ソジンの登場と意味深なセリフに熱い反応を見せた。また「イ・ソジンの次はぜひキム・ジョンウンに出演してほしい」という書き込みもあった。

  一方、イ・ソジンの今回の特別出演はSBSドラマ『恋人』で苦楽をともにした脚本家のキム・ウンスク氏ととシン・ウチョルプロデューサーのコンビの提案で実現した。恋人のキム・ジョンウンと出会ったきっかけでもある『恋人』との格別な縁で今回の提案を快く引き受けたということだ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事