ダニエル・ヘニーのハリウッド進出に米マスコミが注目

ダニエル・ヘニーのハリウッド進出に米マスコミが注目

2008年04月02日16時04分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  

米国ミシガン州の地域新聞が1日(現地時間)、ハリウッドに進出したダニエル・ヘニーを大きく取り上げた。

  ダニエル・ヘニーの学生時代から、家族、韓国での活動、ハリウッド映画「X-メンオリジンズ;ウルヴァリン」にキャスティングされるまでのドラマチックな人生にスポットを当てた。

  ミシガン州の「ザ・デイリー・ニュース」がダニエル・ヘニーに大きな関心を見せたのは、ダニエル・ヘニーがこの地域の出身だからだ。

  ダニエル・ヘニーはカーソンシティーで生まれ、高校時代からバスケット選手として活躍し、選手として地域新聞のインタビューも受けた。「ザ・デイーリー・ニュース」は8つの視点からダニエル・ヘニーを分析した。

  この中で注目されるのは、「X-メンオリジンズ;ウルヴァリン」へのキャスティング過程、次の出演作品についての計画、家族に関する話だ。「X-メンオリジンズ;ウルヴァリン」にキャスティングされた過程は「ザ・デイーリー・ニュース」で初めて公開された。

  ダニエル・ヘニーは昨年ロサンゼルスに滞在中、突然、20世紀フォックススタジオから面会要請を受けた。「X-メンオリジンズ;ウルヴァリン」にキャスティングしたいという‘破格的な’提案だった。

  ダニエル・ヘニーはシナリオを一気に読み終え、スケジュールを確認した後、出演を決定した。

  そして、その4日後にニュージーランドのロケ撮影に電撃的に合流した。

  「X-メンオリジンズ;ウルヴァリン」でダニエル・ヘニーが演じる役はエージェントゼロ。撮影は5月まで続き、来年5月1日に公開される予定。

  ダニエル・ヘニーは次の出演作品についても、20世紀フォックススタジオと交渉を終えた。もちろん映画やテレビドラマへの出演も考えている。

  こうしたダニエル・ヘニーの成長について、韓国を訪れた両親は「ダニエルはいつも私たちに感動を与えてきた」と話している。

  ダニエル・ヘニーは「カーソンシティーでの学生時代がハリウッドへの夢を育ててくれた。目標に向かって進む信念が今の自分を作った」とし「チャンスがあるかぎりハリウッドへの挑戦を続けていきたい」と語った。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事