現代車、品質で大反撃 …比較試乗で輸入車に対抗②

現代車、品質で大反撃 …比較試乗で輸入車に対抗②

2008年03月31日15時37分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  ◇狙いは?=比較試乗会は後発走者の戦略だ。 認知度が高い他社製品との比較で、‘輸入車と競合する車’というイメージを植え付けることができる。

  ベラクルーズが価格が2倍以上のアウディQ7と比較したり、i30が競合車のラセッティやセラトの代わりに欧州車ハッチバックと比較したりするのも、こうした狙いからだ。

  比較される輸入車に比べ、現代車の立場ははるかに有利だ。 「輸入車よりも良い」という評価なら申し分はなく、そうでなくとも「価格差」という盾がある。

  比較試乗は、最近価格を引き下げた輸入車をけん制するためのものでもある。 サンタフェが比較車に昨年輸入車販売1位モデルのホンダCR-Vを選び、ソナタが3000万ウォン(約300万円)台の価格で人気を集めるホンダ・ニューアコードとの比較試乗を準備しているのもこのためだ。

  現代車は今後も比較試乗マーケティングを積極的に活用する計画だ。 イム・ジョンホン現代車国内マーケティング室長は「国内市場を防御するためには、比較試乗を行って‘輸入車が無条件に良い’という幻想を打ち破る必要がある」と語った。→①へ戻る
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事

関連記事