<インタビュー1>金妍兒「浅田選手がうらやましい」

<インタビュー1>金妍兒「浅田選手がうらやましい」

2008年03月25日16時23分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  --大会が終わった時、まずどんなことを思ったか。

  「大会が終わったら終わったと思っただけで、過ぎたことを考えても仕方がない。 ミスはしたが、結果に満足していないわけではない。 点数には少し不満がある」

  --浅田真央選手とは話をしたか。

  「浅田選手が4大陸選手権のとき韓国で何を食べた、どこへ行ったという話をした。 焼き肉やコムタンスープなどを食べたと聞いた」

  --浅田選手とはあいさつを交わす関係か。

  「大会の時、あいさつを交わさない選手もいるが、浅田選手とはそうでない。 話までする機会や時間はあまりないが、あいさつはする」

  --来シーズンはどんな雰囲気の演技をしたいか。

  「今から音楽を聞いて自分なりに考えなければいけない。 これまでの曲はフィギュアスケートであまり使われない曲だった。 選手らがよく使う音楽を使いたかったが、そうはならなかった。 大衆的でよく知られている音楽を使いたい。 またはつらつとした音楽よりも重みがある音楽がいい」

  --演技中、観客は見えているのか。

  「見えないが、声は少し聞こえる。 でも演技中のことはよく覚えていない」

  --演技中に最も緊張する時は。

  「最初のジャンプする時、最も緊張する」

  --ショート・フリーともにルッツジャンプでミスをした。 演技中にミスをすれば緊張するのか。

  「今大会前、なかなか調子が上がらなかった。 今回は体も重かったし、ある程度は予想していた。 頑張ろうと思ったが、うまくはいかなかった。 各大会でミスの後の気持ちはそれぞれ異なるが、ミスを予想している時はそれほど影響はない。 しかし予想していないミスが出た時は少し慌ててしまう。 グランプリファイナルの時もウォーミングアップの時にうまくいかず、ある程度は予想できていた。 ショートで予想していたミスだったので大きな影響はなかった」

  --今大会ではループジャンプを抜いてダブルアクセルにしたが。

  「よかったと思っている。 無理すれば3位にも入れなかったと思う。 易しい道があるのに難しい道へ行く理由はなかった」

  --浅田真央選手の長所と自分の長所を説明してほしい。

  「まず浅田選手の体力が最もうらやましい。 けがをしたという話は聞いたことがない。 天性のもののようだ。 また柔軟性がうらやましい。 私は少し体が硬いほうだが、柔軟性があればけがも少なくなる。 私も筋力運動やストレッチで柔軟性を高めようと努力している。 トリプルアクセルを跳ぶこともうらやましい。 もちろん浅田選手もトリプルアクセルを跳んでミスをすることもあるが、自分の場合は挑戦もできないし、どんなに練習しても跳べない可能性もある。 浅田選手がトリプルアクセルを跳べるというのは大変なことだ。 トリプルアクセルというのはさらに半回転するということだが、その半回転をするのに数年かかるかもしれないし、やっても出来ない可能性もある。 要領も必要だ。 浅田選手も何年も練習して跳べるようになった。 またトリプルアクセルを維持することも本当に大変だと思う。自分の長所は…何かな…うーん…ジャンプの正確性かな。 周りの人は演技力だと言ってくれる。 完全な、熟練した演技ができるわけではないが、周りの人はそう見てくれているようだ。 でも自分でそう感じたことはない」

  --金妍兒が練習でトリプルアクセルに成功したという噂もあるが。

  「(目を丸くしながら)とんでもない。 一度も飛べたことはない。 そんなに簡単なものなら誰もが跳んでいるでしょう。 ワイヤーをつけてやれば全部できる。 トリプルアクセルは一度もできていない」

  →<インタビュー2>金妍兒「大学生になれば気楽に遊びたい」
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事