「北京は空気が悪い…」 スターが五輪ボイコット①

「北京は空気が悪い…」 スターが五輪ボイコット①

2008年03月12日16時16分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  北京の大気汚染がスーパースターを遠のけている。

  マラソン世界記録(2時間4分26秒)保持者のハイレ・ゲブレセラシェ(34、エチオピア)は11日、「北京の大気汚染のため、8月の五輪マラソンを欠場する」と宣言した。

  ゲブレセラシェはアトランタ(96年)・シドニー(00年)オリンピック(五輪)の1万メートルで2大会連続金メダルを獲得した選手。アテネオリンピック(04年)後にマラソンに転向し、昨年のベルリンマラソンで世界記録を更新した。

  ゲブレセラシェは「ぜん息のため北京で42.195メートルのフルマラソンを走るのは無理」と明らかにした。

  アテネオリンピック(04年)の女子テニスシングルス金メダリストで、現在世界ランキング1位のジュスティーヌ・エナン(26、ベルギー)も同じ理由で北京オリンピック欠場を示唆した。エナンも呼吸器疾患を患っている。

  昨年8月に北京マラソンコースを視察した李鳳柱(イ・ボンジュ、38、三星電子)も「現地でコースをチェックしたが、暑さと空気汚染が気になった」と語った。

  オ・インファン監督は「参加はするが、競技直前に北京入りするなどの対策を考えている」と説明した。

  ▶ 「北京は空気が悪い…」 スターが五輪ボイコット②

  
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事