<インタビュー>元中日の李尚勲 ロッカーとして5年 その①

<インタビュー>元中日の李尚勲 ロッカーとして5年 その①

2008年02月21日16時14分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  一人の男がつかつかと歩いてきた。 サングラスをかけ、髪の毛を肩まで伸ばし、黒いギターケースを持っていた。 李尚勲(イ・サンフン=サムソン・リー、38)。 1993年に国内新人最高額でプロ入りし、95年に先発で20勝を記録した。 97年には抑え投手として当時最高の47セーブをマークした。

  日本の中日ドラゴンズや米国のボストン・レッドソックスでプレーし、‘韓米日マウンドに立った選手’として記録に残った。 その彼が04年6月、突然引退を宣言した。 マウンドの代わりに舞台で、ボールの代わりにギターを握った。 ライオンのような髪を揺らしながら力強くボールを投げた彼は追憶の中に刻まれた。

  あれから3年半。 その間、彼はロックバンド‘WHAT!’のメンバーとして3枚のアルバムを出し、週末ごとにクラブで公演している。

  --数千・数万人の観客がいるマウンドから、観客が少ない舞台に移ったが。

  「同じだ。野球でも10人ほどの前でやることもあった」

  --ユニフォームを脱いでから6カ月も経たないうちに公演するという報道があったが。

  「音楽するために野球をやめた思っている人が多いが、いい加減な報道のために生じた誤解だ。 野球は理由があってやめたのであり、音楽はずっとやってきた。アルバムを出して活発に活動するようになった。 野球をしているときも公演はしていた」

  --野球が嫌になってやめたのか。

  「その話をすると長くなる…。だからインタビューは好きでない。 人のいろんな話を短く話すのは難しい。 記事が出れば人はそれだけを見るし…」

  しかし李尚勲は「とりあえず話をするので適当に書けばよい」とし、語り始めた。

  「私の最初の舞台を知っているか。93年に入団し、沖縄で合宿を行ったが、そこでパーティーが開かれた。 かくし芸大会をしたが、私が最年少だったので‘ギターを持って歌え’といわれた。 趣味だったので当時はギターを持ち歩いていた。 オフにはファンのために公演し、その写真がファンブックにも掲載された。 LGはその写真を活用したりもしたが、後になって人の足を払って倒すような行為は理解できなかった」

  SKワイバーンズへの移籍の話だった。 当時、李尚勲はロッカールームでのギター演奏でLGの李順喆(イ・スンチョル)監督と摩擦が生じ、SKにトレードされた。  

  「チームやメディアからも激しく責められたが、できるだけ我慢した。 ところがチームを移ってから‘なぜ一度も自分の気持ちを言わなかったのだろうか’という考えが押し寄せてきた。 ある日マウンドに立ったとき、こんな気持ちで投げるのはファンを欺いているような気がして‘やめよう’と決心した。 SKには申し訳なかった」

  --引退の発言を覆したいとは思わなかったのか。

  「それはない。 いろいろと考えて決めたことだし、覆すのは自分らしくないと思った」

  ▶ <インタビュー>元中日の李尚勲 ロッカーとして5年 その②
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事