KAISTで名誉理学博士号受ける朴槿恵氏

KAISTで名誉理学博士号受ける朴槿恵氏

2008年02月20日07時27分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  朴槿恵(パク・クンヘ)ハンナラ党前代表が、韓国科学技術院(KAIST)から名誉理学博士学位を受ける。

  朴前代表側近は19日「最近KAIST側が29日に行われる卒業式で、朴前代表に名誉博士学位を授与したいという意を伝えてきたため、朴前代表がこれを受け入れることにした」とし「朴前代表は29日の卒業式に直接出席する予定だ」と伝えた。

  KAIST側は「朴前代表に学位を授与することで、今後女性の役割が非常に重要だという点を広く知らせ、現在、韓国社会に浸透している理工系忌避現象を打破することにも貢献できると考える」という意を伝えた。

  西江(ソガン)大学電子工学科を卒業した朴前代表は、普段から理工系問題に深い関心を見せる。朴前代表が名誉博士の学位を受けるのは1987年、台湾文化大学の名誉文学博士学位に続いて今回が2度目だ。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事