ユミン記念会で講演するジョスパン前フランス首相とは…

ユミン記念会で講演するジョスパン前フランス首相とは…

2008年02月14日16時57分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
写真拡大
  



  リオネル・ジョスパン元フランス首相は1937年、パリ近隣のムードンに生まれ、フランスの指導層エリート養成機関である国立行政学校(ENA)を卒業した。 65年に外務省で公職生活を始め、70年からパリ第11大学で経済学を教えた。 71年に社会党に入党し、81-88年は党総裁、88-92年は教育相を務めた。

  95年に大統領選に出馬し、1次投票で右派連合のシラク候補を抑えて1位になるなど旋風を起こしたが、2次投票では僅差で敗れた。

  しかし97年に実施された早期総選挙で社会党・共産党・緑色党など左派連合が勝利し、ジョスパン氏はシラク大統領とともに左右同居政権(コアビタシオン)を率いる首相となった。

  失業問題の解決のため‘週35時間労働制’を導入し、低所得層に対する医療保険の拡大、女性の政界進出活性化などを推進した。

  頑な性格の社会主義者という評価とは違い、国営企業の民営化と所得税・法人税率引き下げなど現実主義的な政策で類例のない経済好況を率い、200万件の雇用を創出した。

  2002年に大統領選に再挑戦したが、左派の分裂で極右派のルペン氏に次ぐ3位となり、政界から引退した。 夫人は著名な哲学教授シルヴィアンヌ・アガサンスキー氏。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事