韓国ファンド数世界1位..ファンド資産は下位

韓国ファンド数世界1位..ファンド資産は下位

2008年02月13日19時31分
[ⓒ 中央日報/中央日報日本語版]
comment
0
share
このエントリーをはてなブックマークに追加
mixi
  昨年‘1世帯・1ファンド’時代の幕開けとなり、韓国はファンド数で世界1位を記録した。

  しかし、1ファンド当たりの規模では41カ国中35位に終わった。‘零細ファンド’がそれだけ乱立しているということだ。

  資産運用協会が13日発表した「世界ファンド産業動向」によると、昨年7-9月末に韓国で運用されたファンド数は8662件と、前四半期に比べて135件(1.53%)減少した。調査対象の41カ国のうちファンド数が最も多く、前期に続いて1位だった。

  一方、韓国のファンド1件当たりの純資産は3814万ドルと、前期比390万ドル(11.4%)増えたが、41カ国中35位と下位にとどまった。ファンド1件当たりの純資産が14億8600万ドルの米国(1位)と比較すると、その規模は39分の1水準。

  これは、国内ファンド市場が短期間に急成長する過程で新しいファンドが急速に増えた半面、過去の成績不振ファンドも整理されなかったため、と分析された。

  10年以上の大型長期ファンドがファンド市場を主導する先進国とは異なり、国内ではまだ長期投資文化が定着していないのも‘ファンド乱立’の原因と指摘されている。

  全世界のファンドの純資産は前期比6.2%増の25兆8000億ドルと、02年以降、増加を続けている。

  比重が最も大きい株式型ファンドの純資産は12兆5600億ドルと、前期比5.5%増加した。

  国家別には米国の純資産が11兆9193億ドルで最も多く、韓国は3304億ドルで前期より一つ低い15位を記録した。
【今日の感想】この記事を読んで・・・
興味深い
悲しい
すっきり
腹立つ
役に立つ

今日のイチオシ記事